同棲

彼氏ともラブラブでいるために!同棲するときの間取りの考え方

一緒に住む

スポンサーリンク
 

同棲が決まり、ワクワクしていますよね♪

あなたもウキウキしながら彼といっしょに

住む生活を想像しているのでは?

 

でも、ちょっと待って!幸せな同棲を送る為に

考えなくてはいけない事があります。

 

それは二人の大切な愛の巣のである、

住む部屋の間取りです。

 

住む家の間取り一つにより、

その同棲が幸せなものになるか、

悲しいものになるか左右されると言っても過言ではありません!

 

今回は、決して侮れない『間取り』のお話しをご紹介。

 

とにかく安くても今すぐ同棲したい間取りは1K

お互いに荷物が少なく、常に同じ空間で

過ごしたいカップルにおすすめの間取り。

 

家賃が安く初期費用も少なくて

すむのが最大のメリットです。

 

広い部屋に住むのは、同棲し貯金

してから、という目標を持つのも良いでしょう。

 

1kでも、キッチンがきちんと分かれている物件や、

キッチンがど真ん中にある物件など様々です。

 

ただ、1Kは一人の時間が必要な

性格の人にはかなり苦痛になります。

 

誰とでもどこでも一緒にいても大丈夫という人向き。

また、1kの場合、トイレがどうなっているかが重要。

 

安い家賃の場合、トイレとお風呂が一体型のユニットバスのことも多いです。

 

ひとりで生活する分には何にも思わない

かもしれませんが、彼氏がお風呂に

入っている横でトイレには行けませんよね。

 

なので、二人で住む場合は、1kでも、

バス、トイレは別にするのはマストです。

 

初めての同棲に無難な間取りは1LDK

スポンサーリンク
 

リビングともう一部屋あるこのタイプは、

初めて同棲するカップルには、おすめの間取りです。

 

喧嘩をしてしまい頭を冷やしたい時には、

リビングともう一部屋のそれぞれに分かれて

 

過ごす事が出来ますし、来客があって

長引いても、片方は別の部屋で過ごしたり眠る事が出来ます。

 

二人の時間も楽しみつつ、一人の時間も確保したい。

 

そんなカップルにはぴったりのお部屋です。

 

結婚する場合と違い同棲の場合、お互い

が仕事をしているこが普通です。

 

そのため、家は夜と休日だけ過ごすことになるので、

意外に広くない部屋でも満足というカップルが多いです。

 

同棲しても自分だけの時間が欲しいなら2DK

同棲の間取り

ダイニングキッチンと2部屋ある間取りを指します。

 

2部屋は、各自それぞれの部屋にしたり、

一部屋寝室に、もう一部屋は共有スペース

にしたりと、二人の生活スタイルや

考え方により色々な使い方が出来ます。

 

一緒に生活したとしても、独立した一人の

時間が欲しい人や、不規則な仕事で眠る

時間がまちまちであれば、各自の部屋が

あると良いでしょう。

 

ただし、リビングと呼ばれるものがない為、

二人でくつろげる空間を確保したり、

ダイニングが広めの物件を探したりの

工夫が必要かもしれません。

 

同棲にありがちなトラブルはこちら

別れにつながる同棲トラブルあるある

 

そのまま結婚するかもしれない人には2LDK

将来的に結婚を視野に入れているなら、

ゆとりのあるこの間取りが良いです。

 

2LDKくらいあれば、結婚し子どもが

小さいうち位まで住む事が出来ます。

 

家具のレイアウトなど、実際に結婚してからの

事を見越して考えてみると、現実味があるのではないでしょうか。

 

早く結婚したい!その為の前段階として、

同棲を考えている方にお勧めの間取りです。

 

どんな目的で同棲を始めるのか。

どんな暮らしを求めているのか。

 

資金はどれ位あるのか。など、何に重きを

おくかにより物件選びは変わってきます。

 

またレイアウトや、使う家具の種類を工夫する

事により、狭くても快適な空間を作る事が出来ます。

 

理想の同棲を叶えられるよう、二人で話し合ったり

買い物をするのも、同棲ならではの楽しみのひとつですよ❀

 

スポンサーリンク