結婚

一回り以上の年の差結婚のリアル!メリットとデメリットを赤裸々告白

年の差カップル

スポンサーリンク
 

最近は年の差カップルが増えていまよね。

10歳差くらいなら当たりまえ、

20歳差のカップルもちらほら。

 

私も夫とは16歳離れています。

私27歳、夫が43歳のときに結婚しました。

ここでは年の差結婚のメリット、デメリット、

のリアル実体験をご紹介。

 

年の差婚のメリット

結婚式

やっぱり大人の包容力はあるある!

なんといってもこれはすさまじくあります。

人生経験が自分より10何年も長い分、

いろいろなことを体験していますので、視野が広いです。

物事を多角的に見ることができています。

 

また、わがままを言っても、可愛いな

程度で喧嘩になることは殆どありません。

喧嘩をしても夫が折れてくれることが殆ど。

 

知識もあり自分の知らないことをいろいろ

教えてくれるので話していて面白いです。

同年代よりは経済力がある!

経済力

社会に出て何年もたっているので、

経済的に余裕があります。

 

40代ともなるとある程度の役職についているので、

結婚した当初はお金には困りませんでした。

 

ただ、ここには落とし穴があり、万が一リストラにあったり、

転職を考えたとき、年齢的にまず次の職がありません。

 

あったとしてもそれまでの半分以下の

給料になると言うリスクも備えています。

 

また、自分が若いうちに夫が定年退職してしまうので、

結婚当初は潤っていても将来的には自分が

稼がないと厳しい状況がやってくるという現実があります。

 

姑問題が少ないのが楽

スポンサーリンク
 

夫がかなり年上だと、義両親が他界して

いることも多々あります。

 

健在だとしても、かなり高齢なので、

すでに施設に入っていたり、介護状態だったりします。

 

我が家もそのタイプで夫の母はすでに他界、

結婚したときは義父は認知症とからだが

不自由だったため、要介護の状態でした。

 

結婚と同時に介護が始まりましたが、

すでに夫が一人で介護している体制を

整えていたため、さして負担ではありませんでした。

 

義両親が私たち夫婦について

何か口を出すと言うことは皆無でした。

 

お互いを認め合える

これはお互いの性格もありますが、

20歳近くも年齢が違うとさまざまな

価値観が、ずれています。

 

受けた教育も、文化も何もかも時代が違うからです。

 

そのため、私たちは他人、全く違う考え方を

持っていると言うところからスタートするので、

お互いに譲歩しやすいです。

 

夫と付き合う前は、同年代の彼氏も

いたのですが、何かにつけてイラッとしてました。

私は頑固で負けず嫌いな性格なので、

彼氏と張り合ってしまっていたのです。

 

年の差が大きいと張り合うこと自体が

あほらしいので、そういうことがなくなります。

 

年の差婚のデメリット

スポンサーリンク
 
 

子供を生むのが難しい

夫と結婚したとき、運よく子供を授かりましたが、

そのときすでに夫は44歳。

 

一人目の子育てでノイローゼになりがちだった私は、

もう少し立って二人目が欲しいと思っていました。

 

そんな風に思っていたら、いつの間にか夫はもう50近くに・・・。

 

夫の年齢を意識したとき、これから生むのは

厳しいと判断せざる得ませんでした。

 

50で生んだら、成人するころは70歳です。

こどもが大学生になる前に定年もきます。

 

もしかしたらすでに夫自身が介護の必要な

状態になっているかもしれません。

 

もし夫が若ければ、たとえ給料が低くても

何とかなるかもと思えたかもしれませんが、

現実問題リスクが大きいと感じて、二人目は諦めました。

 

一人いる息子でさえ、大学生のころは定年しています。

二人も育て上げるのは無理だと感じました。

 

体力が衰えてくる

年齢と体力

夫が40代のころはそうでもなかったのですが、

50を過ぎたころから、体力がなくなっているな

と感じるようになりました。

 

私が経験していない、50肩やぎっくり腰にもなりましたし、

運動会など参加すると、周りのパパの元気のよさにびっくりします。

 

私はどちらかと言うと体力がなくて、インドアなので、

丁度いいのですが、もし、体力があって

元気な女性なら物足りないかも。

 

体力面だけではなく、健康面もかなり気になります。

 

年齢とともに、健康診断に引っかかりやすく

なりますし、不整脈が出てきたり。。。

心配事はつきません。

将来の経済的不安

夫が定年するまではいいとして、

定年後は収入が年金のみになります。

 

最近は再雇用制度というものもありますが、

その場合、同じ仕事量で給料は

半分以下になることが殆どです。

 

大企業や学校の校長先生のように、

多くの年金を受け取れ、退職金もたくさん出る人

ならいいかもしれませんが、

一般の中小企業でしたら余裕のない

老後になることは間違いないです。

 

また、年金もこれから先どのようになるか

わからないので、収入のなくなった夫を

自分が養っていけるのかという不安や、

 

先ほどの子供のこともありますが、

子供が大学生のころには定年と言うことも多々あるので、

お金に関しては貯めるうちに貯めておく

心構えが必要になってきます。

 

最後に

メリット、デメリットを書いて見ましたが、

好きになってしまったのだからどうしようもない

と言うのがほんとのところです。

 

年の差があろうがなかろうが、

未来のことは誰にもわかりません。

 

ただわかっている不安があるなら

それにどう対処していくかと言うことを考えていくだけです。

 

お金のことや、夫の介護が必要になるかも

しれないことなど、そのあたりは覚悟ですかね。

 

 

どんなときでもこの人を愛していこう、

その気持ちがあれば、いくら年齢が離れていても

やっていけるし、幸せです。

結婚したときは夫に可愛がって、

あれこれやってもらうだけだったのが、

今は自分が稼いで夫を養ってやろうと

言うような考え方に変わってしまってます(笑)

 

 

年齢差のある彼氏、結婚してもいいのかどうか答えが出ないなら、

大手占いのヴェルニの先生に相談してみてください☆

 

私も結婚するときに、アドバイスをもらいました。

今なら無料でお試し鑑定できます♪

↓ ↓ ↓

詳しく見てみる