恋愛

恋愛と結婚の違いを頭に入れて彼氏との未来を考えるべし

 

恋愛と結婚は別物なのは事実。

 

実際に自分が結婚を考え始めて、冷静になって決断できればいいのですが、

彼氏を好きな気持だけが先走り、つい焦って結婚して後悔なんてことも多々。

 

そうならないためにも、今彼と結婚しても大丈夫なのか、

恋愛と結婚の違いという視点から確認してみてくださいね。

 

一番の違いは親戚づきあい

 

スポンサーリンク
 

 

恋愛は二人だけの問題ですが、結婚となるとそうは行きません。

 

いくら二人の間で、親族関係は関わらないと決めていたとしても、

結婚により法律的にも義務が生じてきます。

 

また、嫌でも義理実家とのお付き合いは出てきます。

彼のことは大好きでも、義実家が出てくることで、それまでにない喧嘩をしたり、

ひどいときには、離婚に至ることも実際にあります。

 

また、自分の常識が他人の非常識だったりと、「当たり前」がその家によって違うので、

柔軟な対応が求められます。

 

将来、義両親と同居する必要があるのかどうか

というところまで話すことができているといいです。

 

このとき、彼のことが好きだからという理由だけで、

自分に不利な条件を飲まないように注意が必要。

 

 

 

お財布は一つになる

夫婦の財布

恋愛中はお互いの経済は別々です。

彼氏にご馳走してもらうと嬉しいと感じたり、プレゼントに盛り上がったりすることもあるでしょう。

 

付き合っているときは、彼のおおらかさに惹かれたとしても、

結婚すると、その気前のいい、お金の使い方が家計を圧迫する原因にもなります。

 

結婚後も夫婦それぞれのお財布で生活するカップルもいますが、

「妊娠」によってそのバランスは崩れていくことが殆どです。

 

子どもがいなければ、お互いに、頑張った分だけ収入があり、

家事もフィフティーフィフティーですが、

女性は出産によって身体だけではなく、経済的にも大きなリスクがあります。

 

いまだに、妊婦を快く思わない会社もあるので、首になることもありますし、

辞めなかったとしても、育児休暇中は収入が激減します。

 

そのときに、夫婦の財布が恋人気分のままだと、

家計に自分のお金を使うことを嫌がる男がいるのです。

 

お金の問題は、恋愛と結婚では全く違ってきます。

そこを腹を割って話すことができないと苦しい結婚生活になってしまうので要注意。

 

法的に守られる

 

結婚することで、義務も生じますが、守られる存在となります。

 

夫が亡くなってしまったら、遺族年金もあります。

 

重大な事故が起これば、真っ先に配偶者に連絡が来ます。

 

自分が働いていなくても、夫が会社員なら、クレジットカードも作れます。

 

浮気すれば相手の女性に慰謝料請求する権利も生まれます。

 

たとえ、何年同棲していても、結婚していなければ、これらのことはありません。

 

恋愛はスリル、結婚は安定

 

スポンサーリンク
 

 

恋愛はドキドキします。

少しの刺激があるほうが楽しめるもの。

 

中には、追いかけるほうが好き、相手がどっぷり自分を好きになると冷めるという人さえいます。

 

ところが、結婚にはドキドキはありません。

最初の数年はあるかもしれませんが、恋愛にあるようなワクワクや、刺激は失われていきます。

 

彼といる時間は安らぎや安定となって行きます。

恋をすること自体が好きな人にとっては物足りなくなるかも。

 

恋愛は非日常、結婚は日常

 

恋愛は、掃除が下手でも料理ができなくても、可愛ければ問題なし!

お金のコトだって、節約が下手でも、浪費しても相手に文句言われるようなことはないです。

 

ところが、結婚となると、家事は毎日のこと。

自分が送っている生活全てを相手に見せることになります。

 

結婚したいがために、自分の良い面だけを彼氏に見せていたのなら、

生活が始まるとストレスがたまることは目に見えています。

 

新婚生活が疲れる原因と対策を書いています。

結婚前に読むことをオススメ

新婚生活は女性の負担が増!乗り切って愛を深めよう

 

別れるときが大きく違う

恋愛しているカップルの場合、いくら長く付き合っても分かれるときはさほど手間はかかりません。

お互いの感情だけが問題になるからです。

 

ところが、結婚した後に離婚となるとなかなか大変です。

「たかが、紙切れ1枚」

その紙切れ一枚が大きな壁となります。

 

たとえば、恋愛の場合、どちらかが別れたいといって

相手が嫌といっても、離れてしまえば関係は終了します。

 

結婚の場合、相手が離婚に同意しなければ

かってに離婚届を出すことはできません。

 

相手から逃げ出したとしても「夫婦」のままです。

 

夫婦の状態で他の人と恋愛したらそれは不倫になってしまいます。

 

また、財産に関しても、結婚してからためたお金は、

たとえ個人名義だったとしても共有財産として扱われます。

 

別れるときのエネルギーは相当なものです。

 

スポンサーリンク