スポンサーリンク
 

昔と違って、最近は授かり婚が増えています。

厚生労働省の統計によると、なんと4分の一がデキ婚。

珍しいことではなくなってきましたね。

 

そんな時、頭をよぎるのが「結婚式」のこと。

マタニティー婚といって、妊娠中に結婚式を挙げる方も多いですよ。

 

ただ、実際はつわりがあったり、ばたばたと入籍、

引越しして、結婚式のことまで頭が回らなかったと言う方も多いのでは?

 

ここでは、理由があって、式を挙げずに結婚したけど、

やっぱり・・・ドレスを着たかったな、と思っている

女性に読んでもらいたい記事です。

 

結婚式を挙げるといい理由

結婚式

夫婦の絆が強まる

式を挙げることで、ひとつの節目となります。

これから夫婦になるんだ・・・と言う心積もりが自然と出来てきます。

 

一生に一度のドレスが着れる

 

式を挙げた方がいいと思う強い理由はこれです!

 

きれいにメイクして、純白のドレスに身を包む・・・

なんて、なんて結婚式じゃないと出来ないですよね。

 

結婚式が面倒なら、せめてドレスを着て

写真を撮ったほうが良いです。

 

私は式は挙げなかったのですが、写真だけ取りました。

 

はじめ、ドレスも着なくていい!と言っていたのですが、

夫が写真ぐらい撮ろうと言うので、写真だけの結婚式にしたのです。

 

 

ドレスを着ることで結婚することの喜びが

ふつふつと沸いてきましたし、何より、

離婚を考えたときに何度も写真を見返しました。

 

 

幸せなそうな過去の自分を見て、もう一度頑張って

二人でやっていこう・・・と思い返すことが出来ました。

 

そのときの夫の言動も思い出して、愛情を思い出すというか。

 

そんな意味合いもあり、あの時ドレスを着てよかったと思っています。

 

子連れ対応の結婚式場が増えている

スポンサーリンク
 

ほとんどの結婚式場で、ベビーベッドや授乳室を

完備して、子供を連れての対応がなされています。

 

ファミリーウェディングといって子供と一緒に挙げる結婚式です。

 

子供用のドレスも準備されていたりと至れり尽くせり。

 

結婚式場もプロなので、子供に負担がかからないような

進行にしたり、打ち合わせも少ない回数で

すむように工夫をしたりとサービスも多様化していますよ♪

 

人数は最小限で挙げる

結婚式

ファミリーウェディングの場合、会社の上司など

仕事関係の人は呼ばない方が楽。

 

子供が出来てから結婚式を挙げるのが

増えてきたと言え、まだまだ少数派ではあります。

 

身内のみで挙げたり、とても仲の良い友人だけを

こじんまりと挙げた方が後々のことを考えるとお勧めです。

 

招待客が少ない分、かかる費用も最小限ですむのも嬉しい!

 

パパママ婚をした体験談

 

 

出来ちゃった婚で慌ただしく入籍したので結婚式を

考える余裕もなかったので、落ち着いてから

挙げようと決めていました。

 

出産後一年経ったくらいに結婚式を

挙げるって話をしました。

 

招待したのは、身内と会社関係の方と仲の良い友達を

5人程度で少人数の結婚式だったので、

金額も100万弱で抑えられました。

 

 

結婚式の流れにこだわりがあり、

音楽は旦那と知り合ってからの思い出の曲を、

バージンロードは子供も一緒になどを入れてもらいました。

 

感想ですが、個人的に出産後にして良かったと思います。

 

大変なこともありましたが、子供から花束を

もらったりと素敵な事もあり、凄く感動しました。

 

 

入籍した時にはお腹に3ヶ月の我が子がいました。

 

つわりが酷かったのもあり、妊娠中の結婚式は

諦めましたが、どうしてもウエディングドレスが

着たくて出産後式を挙げることにしました。

 

生まれてきてくれた娘にリングガールをしてもらいたくて、

娘が2歳の誕生日の日に結婚式をあげることにしました。

 

身内だけのこじんまりとした式でしたが、

皆んながリングガールの娘を暖かく見守ってくれ、

娘も大役を果たしてくれました。

 

 

費用は100万円かかりましたが、大切な記念になり、

本当に式を挙げて良かったなと思っています。

 

 

 

 

籍を入れた時に結婚式を挙げなかったのは、

夫の親類に不幸があった為です。

 

結婚式の1週間前の事で、夫も子供の頃から懐いていた人でした。

 

私もその頃妊娠3ヶ月目だった事もあり、

子供が生まれてからという事になり、結婚式を延期したのです。

 

招待したのは私側の親類20名友人10名会社の同僚や

上司5名、夫の方も同じ数で合計70名です。

 

かかった費用はキャンセル料も含めると

およそ400万程度でした。

 

 

式は子供が1歳の時に行ったのですが、

式の間子供は時々式場のシッターさんに見てもらいました。

大体2時間位の式ですが、ずっとその場にいるのは

子供にとっても辛いかなと思ったからです。

 

 

主人とは出来ちゃった結婚だったので、

式は出産後育児がひと段落してからと話し合って決めていました。

 

私たちの場合は自分たちの記念に式をあげられたら

それで良かったので、両家の家族のみに同席

してもらって、近くの神社で神前式にしました。

 

 

結婚式に特にこだわっていたわけではないけど、

式の途中では今までのことを色々と思い出し、涙が止まりませんでした。

 

順番は逆になってしまったけど、子供にも見てもらえて良かったです。

 

スポンサーリンク