スポンサーリンク
 

彼との結婚を意識したとき、

または彼はいないけれど、いつかは結婚したいと思っているあなた、

 

結婚する為にいくらお金が必要か気になりませんか?

 

実際にどうだったのか、ここでは生の声をご紹介します!

 

彼と協力して貯めた結婚資金は70万

 

 

私も彼も一人暮らしをしていたため、

間取りの広い方の私の部屋に同棲することにして彼の家賃分を節約しました。

 

浮いた家賃を毎月貯金をして結婚式にを貯めました。

 

毎月6万円ずつ貯金をして1年間で72万円になり、

お互いの家族だけを呼んで50万円で教会で挙式しました。

 

残りの22万円は家族全員で高級イタリアンレストランで食事会をして使いました。

 

 

結婚はお金がたくさんかかる!と思っている人もいますが、

今はこじんまりとした結婚式も流行っています。

 

親族だけで式を挙げたり、二人きりで写真だけ撮るなどの選択をすれば、さほどお金は必要ありません。

 

新婚旅行も必ず行かなければ行けないというわけでもないです。

 

結婚の儀式そのものに夢がなければ、生活費の準備くらいで十分です。

 

なんと二人で結婚資金に800万円を貯金

 

スポンサーリンク
 

遠距離をしていいて、お互いに仕事をし、会うのを多少我慢して

彼は毎月貯金してボーナスは全て使わずに貯金をし貯めていました。

 

結婚式は彼の県でするので、私は親族やお友達の交通費分を貯金。

 

結果2人で800万貯めました。

 

結婚式は430万かかりました。

 

新居100万、新婚旅行に100万使いました。

 

残った170万はは貯金しています。

 

結婚式を希望通りにしたい、昔からの夢がある!という場合は大金が必要になります。

 

ただ、ご祝儀などで後々戻ってくることを考えるとそこまでの負担はないかもしれませんね。

 

二人でこれだけのお金を貯められるという経験は結婚後にも生かされそうです^^

 

一緒に100万円貯金してから結婚

 

 

100万円を彼氏と共同で1年で貯めました。

 

結婚式はせず、親戚だけの食事会を開いたのでその費用として約20万円、

引越し費用や家具などをそろえるために50万円、

そして残りの30万は新生活スタートの頭金としでした。

 

 

新生活は最初は赤字になったり、

後から足らないものなどがいろいろ出てきたので、

30万円を入れておいたのは正解でした。

 

 

とっても堅実な使い方です。

昔のように必ず式を挙げないといけないということもなく、

二人が幸せに暮らせるのならそれで十分という選択肢もありですね!

 

100万円を目安に貯めました。

結婚を意識するようになってから、彼氏と話し合って二人で貯める事にしました。

 

貯めたお金は、50万円は結婚式の足しに、

50万円は新婚旅行の資金として使いました。

 

ほとんど残らなかったので、もう少し貯金を頑張れば良かったね。

と話しました。

ほんの少しだけ残ったお金でちょっとしたディナーを食べに行きましたよ。

 

 

結婚資金として貯めたものだから、使い切っても悔いはなさそうです。

100万円なら頑張れば短い期間でたまるはず。

 

お金の問題で結婚を渋る彼氏がいたら、これくらいだから二人で頑張ろうよ!と話し合うのもいいですよ。

 

独身時代から結婚資金として300万貯めた

スポンサーリンク
 

 

私は結婚するまでに300万円貯めました。

 

これは私が1人で社会人になってから貯蓄して貯めたものです。

 

基本は家具などを購入するのにお金を使用したり、

家の敷金礼金や新婚旅行に行くのにお金を使用したのですが、

ざっと200万程度残ったので、

残りのお金に関しては貯蓄をして何かあったときのために備えました。

 

独身時代に貯めたお金は、

結婚したとしても個人の財産となって、共有財産ではありません。

 

残った分はいざというときのため、残しておくのは堅実!

 

300万もあれば、安心して結婚できそうです♥

 

 

 

私は仕事を始めてからいつかのためにとコツコツ貯めました。

 

通勤に二時間近くかかりましたが、自宅通勤のため、貯金は出来たので助かりました。

 

結婚はなかなか前に進めなくて時間がかかったのもあり、結構貯金は増えました。

 

3百万円の中から着物は訪問着と帯その他一式揃え、結婚式で私の打ち掛け白無垢ドレスに消えました。

 

手元には50万円ほど残しました。

 

 

二人で150万を貯金!

 

彼にプロポーズされてから、一年間結婚資金を貯めました。

 

実家暮らしだったので、とにかく節約を心がけて毎月8万円近く貯金しました。

 

彼も同じく一人暮らしをしながら貯金を続け、

二人で150万円ほどになりました。

 

結婚式や新婚旅行の費用にし、残りは新生活の準備にあてました。

 

元々の貯金もあったので、特に困ることがなかったです。

 

 

実家暮らしだと、貯金もしやすいですよね^^

それまで貯金がたくさんなくても、結婚が決まってからでも貯められそうです。

 

特に「結婚資金」という目標がある事で節約もやる気が出ますよ。

 

独身時代からのとあわせて200万の結婚資金を準備

 

彼と付き合う以前から少しずつ貯めていましたが、

結婚式費用は御祝儀で殆どを賄い、

払いきれなかった70万ほどは彼の貯金から払ってもらいました。

 

一緒に住み始める際に家具も買い換えましたが、

お互い一人暮らしだった事もあり、

10万円ほどを私の貯金から使い、新婚旅行に50万使いました。

 

100万以上残りましたが、これは私個人の貯金としてこっそり温め続けています。

 

 

内緒の貯金は大事です!

結婚後、何があるかわからないもの。

いざというときに自分のお金がある事で、選択肢も増えます。

 

コツコツ400万を貯めた

スポンサーリンク
 

 

いつか結婚する時のためにコツコツと貯めていました。

 

結婚を決めてからは彼と2人で協力して400万円貯めました。

 

貯めたお金は200万円を結婚式や結婚式までの費用に、

新しい家の費用に50万ほど使いました。

 

残った分の150万円は30万円を新婚旅行の費用で使い、

残りは今後の為に遣わず貯蓄として取ってあります。

 

結婚資金で結構遣ったのでまた貯めていきたいと思います。

 

結婚前に二人で協力することで、結婚後の生活もうまくいきそうです。

恋愛から生活になって一番問題になるのは、お金。

 

そのお金について二人で十分な話し合いができれば、新婚生活もスムーズに始めることができます。

 

まとめ

 

いくら貯めるか、いくら必要かは、

二人の結婚式へのイメージでずいぶん変わってきます。

 

盛大にあげたいと思えばどこまでもお金がかかるし、

入籍だけでいいと思えば殆どかかりません。

 

二人でどのような結婚にしたいかを話し合って、

それに向けて金額を決めていきましょう。

 

具体的な貯金の方法はこちらの記事もどうぞ

結婚資金をためるための節約と貯金の話

 

スポンサーリンク