同棲

同棲しながら結婚資金をためる!!ための節約と貯金の方法

お金の管理

スポンサーリンク
 

将来の結婚を見据えて、その資金を貯める

為に同棲を始めるカップルも多くいます。

 

あなたはどうですか?

 

結婚したいけれど式の費用もないし、

なら、二人で住みながら、貯金を作ろう。

そんな気持ちはないですか?

 

また、なんとなく同棲を始めたけれど、

いつかは結婚したいな・・という気持ちから

資金をためたいと思っていませんか?

 

それなのに、いつまでたってもお金が貯まらない。

 

結婚どころか生活もままならない。

 

なんてことになっていませんか?

 

そうならない為に、上手に節約し、

確実に貯金する方法5つをご紹介します。

 

いくら貯めたかの体験談はこちら

結婚資金は必要?いくら貯めたか赤裸々告白

 

資金つくりは何事も把握と計画から

同棲にかかるお金

二人合わせて、毎月どれだけの収入があり、支出はどれ位になるのか。

 

そして、目標とする貯金額は?など、

初めにきちんと把握し計画を立てる事が大切です。

 

当たり前に見えて、意外にやっていないカップルが多いのではないでしょうか。

 

お互いが仕事をしていて、それなりの収入があっても、

何となく使ってしまっているようでは、いつまで経っても貯金は出来ないです。

 

目標達成の為には、自分たちのお金の流れを理解し、計画的に使うことが大切。

 

それに、お互いが一つの目標に進むということで、一体感が生まれます。

 

お金を効率よく使うことは結婚してからも役に立ちます。

 

年収が1000万あるのに殆ど貯金が出来ていない家庭、

年収300万程度なのにしっかり貯蓄ができる家庭。さまざま。

 

その差は、お金の流れの把握と計画性でついてきます。

 

なかなか家計簿が付けれないというあなたは、

まずは無料の家計簿アプリなどを利用して、

把握することからはじめてみて下さいね。

 

 

結婚資金用に共同口座を彼氏と作る

スポンサーリンク
 

確実に毎月貯金をしたいなら、貯金用の口座を新しく作るのがおすすめ。

 

お給料からそれぞれ金額を決めて、そのお金を口座に入れていくようにします。

 

貯金通帳を眺めながら、少しずつお金が貯まっていく実感もわいてきますよ。

 

貯金とともに結婚へのイメージも膨らみ、ワクワクしながら貯蓄することが出来ます。

 

その際にクレジットカードがあると、

つい気軽に引き出してしまいがちな為、通帳のみにしておく方が無難かも知れません。

 

ただ、同棲の段階では、二人の財産は結婚しているときと違い「共有財産」とみなされません。

 

将来別れたときのリスクを回避するのなら、

それぞれが新しい口座を準備し、決まった金額を入金し、毎月見せ合うという方法があります。

 

お互いの口座にいれ、二人で貯めているという実感を持ちながら、

万が一別れたときの金銭リスクも少なくすみます。

 

自炊、お家デートの充実で結婚資金をためる

 

当然ながら、出来るだけ外食は控えたいもの。

 

メニューにもよりますが、一回の外食で自宅で食べる数日分の食費が、飛んでしまう事もあります。

 

鍋物や鉄板料理などにすると、準備や片付けがラクに済みますし、気分も変わるでしょう。

 

結婚前の花嫁修業だと思い、料理の腕を上げるチャンスでもあります。

 

また、一緒に料理をしたり、その料理で昼間から美味しいお酒を飲んだり、好きなDVDをじっくり見たり。

 

ネットショッピングや旅行の計画など。

 

二人の愛の巣があれば、お家デートの充実も叶い、節約にもなり一石二鳥です。

 

外へのデートは、お金がかからず健康的な公園やハイキングというチョイスもおすすめです。

 

朝から二人でお弁当を使って、遠出、というのも楽しいですよね。

 

同じ生活リズムが節約になる

光熱費の節約に大事な事は、同じ生活リズムを心がける事。

 

不規則な仕事をしている場合は仕方ないですが、

そうでない限りお風呂や就寝時間は、同じ時間に済ませてしまうようにしましょう。

 

冷めたお風呂を沸かす為に電気やガスを無駄に使いますし、

どちらかが夜更かしなどをすると、その分余計に電気代がかかってしまいます。

 

ラブラブな生活を送る意味でも、同じ生活リズムをとり、二人の時間を大切にしたいものです。

 

ご褒美で節約の息抜きを忘れずに

スポンサーリンク
 

そうは言っても、節約や我慢ばかりではストレスが溜まってしまいます。

 

月に一度や二度位は、ご褒美として少しだけ贅沢をしてみましょう。

 

素敵なレストランへディナーに出かけたり、洋服や雑貨などの買い物をしたり。

 

趣味を楽しむのも良いでしょう。

収入と貯金に合わせ、たまに贅沢をする事で、また節約と結婚のための貯金を頑張る事ができますよ。

 

節約や貯金は、一人より二人の方が断然しやすいものです。

 

一人が挫けそうになっても、もう一人がはげまして、続けていけます。

 

最初に書いたように「目標」がしっかりしていれば貯めることができます。

 

結婚してからも、節約や貯金は大切な事なので、

結婚前に二人で協力して行う事が出来れば、結婚してからも幸せに生活できます。

 

お金の話し合いができる関係というのは本当に共同体です。

 

そこを避けているうちはなかなか一体感は生まれません。

 

スポンサーリンク