結婚

彼氏に結婚したいと思わせる方法はこれ!?7つの成功体験!

結婚するための努力

スポンサーリンク
 

大好きな彼氏と結婚したい。

早く結婚したいのに、どうやったらできるの?

 

彼氏に結婚したいと思わせるには

どういった行動をとればいいのか知りたい。

 

そんな恋する乙女も多いのでは?

 

結婚は付き合っている時間が長いからできる、いうわけではありません。

 

付き合っていたら自然に結婚するものと思われがちですが、

実際に結婚した女子は努力しているものです。

 

ここでは、結婚するために行動して

成功した女性たちのエピソードをご紹介!

 

結婚の前に彼氏が・・・というあなたは、こちらの記事がお勧めです。

彼を射止める女性からの恋愛アプローチ方法

 

綺麗好きアピールで彼氏との結婚に成功!

私が努力したことは、まず掃除です。

 

掃除、洗濯、洗い物など家事が大嫌いな私は

結婚したい男性がきれい好きと知って焦りました。

 

最近きれい好きの男性が増えていると

思い知らせれたので、大嫌いな掃除を毎日して、

彼の家に行った時もさりげなく整理整頓をするように心がけました。

 

毎日気をつけているうちに慣れてきて、

今では何の苦も無く掃除をこなしています。

 

子供も産まれ、清潔な環境を整えなくては

いけないと思うので今ではあの時無理をしておいてよかったと思いました。

 

 

掃除が出来ない女は、彼氏からのポイントは低いです。

 

疲れて帰った家庭が、散らかり放題だと、安らぐことができません。

 

最近は、家事のスキルの高い男子が

増えているので、整理整頓は出来て当たり前のことかもですね。

 

結婚のスタートラインに立つためにも、

基本的な生活は出来るように頑張るべし。

 

それに、掃除をすることは風水的にも、

運気を上げることにつながりますよ^^

 

彼の好みの手料理で彼氏に結婚したいと言われるように!

スポンサーリンク
 

 

昨年結婚したばかりのものです。

 

努力とはいえるものではありませんが私の体験です。

 

旦那さんとは私が好意を持って食事に誘ったのが

きっかけで何度も会うようになりました。

 

ただ、あまり感情を表に出すタイプの男性では

なかったので、はっきりと付き合おうと言われず

私からちゃんと告白しました。

 

それから付き合う事に。

 

30歳手前の私は結婚を意識していたこともあり、

何事も献身的にしていたつもりです。

 

毎日彼の為にお弁当を作り渡してました。

もちろん全て手作りでした。

 

胃袋を掴むと良いと言いますが、

おかげで結婚する前に料理の好みを知れたり、

自分も勉強になったので良かったなと思います。

 

 

 

料理を積極的に作るようにしました。

 

味付けなど母に教えてもらったりして、

彼氏がおいしいねというように努力しました。

 

あと時間を有効に使うために一つ一つの

作業を素早くしていました。

 

空いた時間で何ができるか頭で考えて

行動に移して時間を無駄にしないようにしました。

 

そうすることで要領よく、家庭をうまく

切り盛りできる女性というイメージを彼氏にアピール。

 

もちろん、相手を思いやることを

忘れないように優しく接していました。

 

 

 

昔から言われている「胃袋をつかむ」ですが、現代でも通用します。

 

料理の上手い彼女からは離れなくなります。

 

これだけグルメ番組がもてはやされていて、

美味しい店に行列ができるということは、

人間は美味しいものが食べたいのです。

 

美味しいものを食べれたら笑顔になります。

 

疲れて帰ったとき、美味しくてほっとする

手料理があると、元気がでます。

 

料理が美味しいと、寄り道をせずまっすぐ家に帰ろうと思います。

 

付き合っているときから、私といると、心地よく暮らせるよ~と

イメージを植えつけるのは大事ですね。

 

それに、手料理がうまいと、食費の節約にもなるので、

「しっかり家庭を築く妻」を想像させることもできますよ。

 

彼氏親から攻略する方法は結婚後も安心!

こまめに、どこかに行ったらご両親に

お土産を買ったり、趣味のハンドメイドの

アクセサリーをプレゼントしたりしました。

 

会えなくても主人に渡してもらったりして、

「いつでも気にかけています」という印象をつける努力をしました。

 

また、お会いする時には、お義母さんの

好きそうな恰好をして、良いイメージを付けられるよう工夫しました。

 

そうしているうちに、彼のお母さんが

「あなたたちはまだ結婚しないの?」と言ってくれるようになって、

だんだん、彼もその気になってくれました。

 

 

 

男は自分の母親に弱いものです。

 

彼氏の母親を味方に付けることができれば、

彼氏が結婚に対し煮え切らなかったとしても、

「あなた、~ちゃんのこと、どう思っているの?いい子じゃない、そろそろいい年なんだから・・・」といってくれる可能性も。

 

その分、たとえ彼氏とあなたが結婚したいと

思っていても、彼氏の親に反対されると、

うまく進まずそのうち二人の仲もギクシャクして、

結婚できないままということもあります。

 

彼ママに気に入られることは、結婚へ向けて大きな力となります。

 

彼氏のモチベーションを上げる女になり結婚に成功

スポンサーリンク
 

付き合っているときには

「相手のことを褒める」ということを心がけていました。

 

どんなに小さなことでも相手を褒めて

感謝を伝えることで、私といると元気が出ると

思ってもらえたらいいなと思っていました。

 

実際に結婚が決まったときに

いつも褒めてくれるから仕事のモチベーションも上がるし、

こんな自分でも認めてくれる人がいるんだと思うと嬉しくなった。

だから結婚しようと思ったと教えてくれました。

 

こちらまで嬉しくなりました。

 

 

男は褒められたい生き物なんです。

自分のことを認めてほめてもらえると

もっとがんばろう!!と思えます。

 

彼氏が離したくなくなる居心地の良さを演出

見つめあう二人

結婚する為に努力した事は、

彼が居心地の良い空間を作る事に努力しました。

 

最初から結婚を強く意識はさせず、

私と居ると楽しい。いつも側に居てもらいたい。

と思ってもらえるように、お付き合いを進めていきました。

 

基本的には相手に合わせる事、褒める事、たまに突き放します。

 

でも、やっぱりあなたが好き。とちゃんと伝える事。

基本、彼に出来る限り尽くしてきました。

 

 

彼氏とリアルな生活を話し合うことで結婚したいと言われるように

相手の前で偽ることをやめ、

親と暮らしていた頃の自分をさらけ出す努力をしました。

 

結婚とは生活であり、自分の生活感と

相手の生活感がある程度合わないと結婚は失敗します。

 

合わせる努力も必要ですが、まず差異がある。

 

その差異をどの様に合わせて行くのか

相手と話しあい打開策を決めます。

 

彼氏と普段から、何でも話し合うようにして、

偽らないようにしていたら

、「信頼できるし、結婚後も安心」と言われるようになりました。

 

彼と現実的な話ができないのであれば、

結婚は無理と思って、、その相手とお別れ

する気持ちでよいかと思います。

 

結婚 = 恋愛ではない。

ということを自分にしみ込ませる。これが大切かと思います。

 

 

彼がなかなか結婚しようとしてくれなくて、別れもしやにあるあなたはこちらの記事をどうぞ

結婚しない彼氏と別れる!?後悔しない?

 

スポンサーリンク