美容

ニキビができない人がやっている正しい洗顔の方法

ニキビが出来ると憂鬱になります。

10代のころにニキビは、脂の分泌量が多いことが原因だったり、思春期のホルモンの急激な変化が原因となりますが、20代、30代はもっと複雑な要因が絡み合ってきます。

ニキビができる原因はさまざまあるのですが、意外ににちょっとしたことを改善するだけでも収まることが多々あります。

同じ年齢でもニキビが出来ない人もいます。

あなたは正しく洗顔していますか?

実は洗顔の仕方が思い込みで間違っているということがあります。

私はこの洗顔の仕方をするようになってから目に見えてニキビのトラブルが減りました。

髪の毛をまとめる

スポンサーリンク
 

洗い残しをふせぐため

まずは、顔の隅々まで、生え際もしっかり洗えるように、髪の毛が落ちてこないようにまとめておきます。

ターバンを使うのも良いし、ピンで留めておくのも良いです。

きっちり髪をまとめていないと、洗顔料が生え際に残ったりして、それがニキビを引き起こしますので、最初の段階からきちっとまとめましょう。

いつもおでこや頬の生え際にニキビが出来るという人は洗顔フォームなどがきちんと洗い流されていないことが原因かもしれません。

朝と夜の洗顔の違い

正しい洗顔法

朝の洗顔方法

朝は外に出ていたわけではないので、それほど顔は汚れていません。

ぬるま湯で洗顔すれば十分です。

熱すぎるお湯は顔の潤いを奪いすぎてしまうので、けっこうぬるいなぐらいの温度で、10回くらいすすぎます。

その際、顔をこすらないように、ぬるま湯の中に顔をくぐらせる感覚で洗ってください。

もし、洗っても顔のべたつきがきになるならば、鼻とおでこのみ、などてかりがひどい部分のみにあわ立てた石鹸を乗せて洗ってください。

夜の洗顔方法
メイクしている方は必ずクレンジングを。

私はダブル洗顔をオススメします。

というのも、1本でメイクまで取れるとうたっているものも、実際はあまり落ちていないと感じることが多いからです。

であるならば、最初からメイクはメイク専用のクレンジングで落としてから、その後洗顔したほうが良いです。

夜の洗顔の目的はとにかく「汚れをしっかり落とすこと。メイクを肌に残さないこと」です。

基本は泡洗顔

たっぷりの泡

手をきれいにしてから

メイクを落とすときもそうですが、洗う手が汚れていては、メイクがしっかり落ちないですし、泡も立ちにくいです。
まずは手を清潔にしてから洗顔に取り掛かります。

泡で洗う

どんな洗顔剤を使ったとしても、しっかり泡を立てて洗います。

洗うときは基本的に、手は肌に触れません。

泡で洗う感覚で。

もっちりした泡をしっかり作ってから、リンパに沿って洗います。

特にニキビがあるときにごしごし洗うのはご法度です。

優しく包むように洗います。

しっかり弾力のある泡を立てることで泡が毛穴の汚れを取っていきます。

あわ立てネットに注意

スポンサーリンク
 

あわ立てネットは細かな、たっぷりの泡を立てるのにとっても便利。

ただ、注意点があります。

あわ立てネットを、お風呂場に放置していたりしていませんか?

ぬれたままにしておくと、そこに雑菌が発生してしまいます。

そうすると肌荒れやニキビの原因に。

使ったネットはそのつど乾かして、風通しのいいところに。

日光に当てて消毒するのも良いです。

きちんと洗顔しているのに、どうも調子が悪いと感じるとき、この泡立てネットを見直してみてください。

すすぎはぬるま湯でしっかり

すすぎは、十分にすすげたと思ってからさらに20回はすすいでください。

温度はぬるすぎ?というくらいの温度で。

お水は石鹸がしっかり落ちないし、熱いお湯だと皮脂を奪うのでぬるま湯で。

特に、小鼻の脇や、髪の生え際、唇の下の部分などすすぎの腰が多い部分です。

重点的に洗い流すように。

そして、すすぐときはシャワーを直接当てたりせず、洗面器にためたぬるま湯ですすいでいきます。

優しく水分を拭く

最後は顔を拭くとき、必ず清潔なタオルで拭きましょう。

せっかくきれいにしたのに、昨日使ったタオルをまた使ったりすると雑菌がつくことになります。

タオルはふんわりして肌刺激の少ないものを。

ごしごしこすらず、優しく当てて水分を取ります。

まとめ

ここでは基本の基本を紹介しました。

ニキビが出来てくると、新しい化粧品を!!

新しい美容液を!!

と考えるかもしれませんが、初心に帰って正しい洗顔方法を続けるだけで改善されることがあります。

あわてて化粧品を変えることで、逆に荒れてしまうこともありえます。

私も若いときはそうではなかったのですが、30代になってから急にニキビができやすくなりました。

最初のころは焦って、あれこれ化粧品を変えたりしていたのですが、そのたびに悪化して、肌が常に不安定になっていきました。

肌もあれこれ化粧品が変えられるのでびっくりしたんでしょうね。

1年半くらいそんな状況の後、初心に戻って、肌が荒れていなかったころのスキンケアに戻したのです。

はじめの1ヶ月は変わらなかったのですが、正しく洗顔して、保湿するというシンプルなことをやり続けるだけで肌の状態が落ち着きました。

今でも時折にきびが出ることがありますが、あわてて化粧品を変える事はしません。

そんなときは、洗顔が適当になっていなかったを振り返ります。

最近ニキビが出来た原因は「放置した泡立てネット」でした。

こちらを新品に取り替えてしっかり乾燥させるようにしたところ、肌の調子が戻りました。

大人ニキビの原因は食生活だったり、ホルモンバランスだったりといろいろあるのですが、まずは毎日行っている洗顔を見直してくださいね。

スポンサーリンク