恋愛

恋人との気持ちに温度差を感じるときと、解消法を紹介。

 

 

スポンサーリンク
 

大好きな彼氏や彼女と付き合っていて

温度差を感じることはないですか?

 

私は、過去付き合った彼氏たちとよくありました。

 

どちらかというと、私はあまり感情表現が上手ではなくて、

彼氏のことは好きなのに、「ほんとに俺のこと好きなの??」

 

といわれて悲しい気持ちになったことが何度もあります。

どうしてこんなことになっちゃうのか。

 

温度差が生まれる理由と、その辛さを

どう解消するのかを体験を含めて紹介します。

 

恋人と愛情表現の方法が違うとき

 

私の場合はこれだったのですが、

彼氏を大好きという気持ちはすっごくあるのに、

「好き」ということをうまく伝えることができませんでした。

 

自分では伝えてるつもりだったのだけど、

どうも感情がこもっていない話し方に取られていたようで・・・。

 

また、自分からべたべた甘えられなかったです。

 

そういうところが、相手にとっては、

私はドライであんまり俺のことは好きじゃないんだ・・

と感じさせる原因になりました。

 

気持ちはあるのにうまく表現できないのが原因でした。

 

それは私の育った環境にも原因があって、

感情を殺して育ったので、うまく表情を

出したりすることができなかったのです。

 

どんな風に解消したか

 

彼氏に本当に心から好きだけど、

「うまく伝えれない」「これでも精一杯愛情表現をしている」

と何度も言って、わかってもらいました。

 

そして、どんな風に私が表現したら

彼氏が安心するのか考えるようにして、

多少オーバーな愛情表現を心がけました。

 

その話をしてから彼は安心したのか、

私の愛情を疑うようなことがなくなって、

それからは安定して付き合えるようになりましたよ。

 

 

 

お互いの優先順位が違う

カップルの温度差
私は彼のことをいつも考えてて、彼氏との約束が一番大事。

 

なのに、彼氏は男友達を優先させている。

デートの前日に友達と飲みまくって二日酔い。

 

自分にとっては彼氏が一番だけど、

彼にとっては彼女は大切なものがたくさんある中のひとつ。

 

そんなときも温度差が生まれてしまいます。

 

これは2つ解消方法があって、

ひとつは自分の気もちを話して理解してもらうということ。

 

男は鈍感なので単純に彼女の気持ちに気づいていないということもあります。

こちらの女性はそのパターンでした。

 

 
付き合っていた時に温度差はよく感じていました。

それは自分の方が好きという気持ちが大きいということです。

 

私は友達よりも彼氏を優先させていたのですが、彼は逆です。

 

友達に誘われたらすぐに行ってしまうので、

所詮私は二番目なのかな…と寂しい思いをしていました。

 

彼に悪気はなかったようで、私が寂しいという

気持ちを正直に話したらわかってくれました。

 

それからは少しずつ私を優先してくれるようになり、

あの時きちんと自分の思いを話して良かったなと思いました。

 

 

単純に気づいていないことも多いので、

思い切って話すことで解消することが良くあります^^

 

彼氏も大好きな彼女がさびしい気持ちに

なっているとわかれば変えてれますよ。

 

もうひとつは自分が気持ちを切り替えるという解消法

彼女以外の世界も大事にしたいのが男と言う生き物。

 

また、彼女のことは好きだけど、他のことも充実して忙しい。

 

そういう男の人に対しては、下手にあれこれ言っても疲れるだけ。

 

いっそ、自分も他に目を向けて自立した女性を目指す!というのも良いです。

 

 
彼と出会った時、ちょうど私の仕事が忙しい時期でした。

精神的にもハードな日々が続きましたが、

週末に彼と会えることだけを楽しみに頑張っていました。

 

待ちに待った週末、メールをしても、

電話をしても全く彼と連絡が取れません。

 

やっと連絡が取れたのは夕方のことでした。

 

なんでも、前の晩から友達と飲み明かし、

起きたのがさっきだったということでした。

 

私がこの週末をとても楽しみにしていたのに、

彼はそうではなかったと思い悲しくなりました。

 

それからは、彼に期待することなく、とりあえずは社会人として

仕事を頑張ろうと気持ちを切り替えて過ごしています。

 

そうすることで気が楽になった分、

今現在は彼との関係もうまくいっています。

 

 
自分も他にがんばることを見つけると

「重たい女」にならずにすみますよね^^

 

センスが違いすぎる

スポンサーリンク
 

 

ファッションセンスの違いは大きな温度差を生みます。

 

ダサいほうがハイセンスな方にあわせようとしてくれれば

いいのですが、、、自分ではおかしさを自覚してない場合。

 

その差を埋めるのは難しいかも。

 

解消法としては、お洒落な雑誌を一緒に見たり、

こういうのが似合うよ!!とオススメのお店に連れて行ったり、

あなたがコーディネートしてあげあたりしてください。

 

 

それでも、、、、だめなときは、どうしても彼のことが

好きなら「諦める」というのもありかもですね。

 

 

こちらの彼女はまさしく空気を読まない、

服に興味がない彼氏とそういう体験をしました。

 

 
一昨年にお付き合いをしていた2つ年上の彼。

顔はイケメンだったのですが、おしゃれに

全く興味なく冬でもTシャツにジーパンにサンダル。

 

私は正反対におしゃれが好きでよくセンスがいいと言われます。

 

しかし、2人で過ごすはじめてのクリスマス。

 

少しおしゃれなレストランを予約してくれたので、

彼もちょっとぐらいおしゃれな服で来てくれるかと思いきやいつもと同じ格好…。

 

そして私に一言、そんな服できたの!?」と、ドン引きをされました。

それは私のセリフ・・・・。

 

 
顔がイケメンなだけに、

ラフな格好がかっこよく似合っていたのかも。

 

でも、いくらイケメンでも、TPOはわきまえてほしい。

 

センスの温度差はいろんなところで現れてくるので、

付き合っていくのは大変かもしれません。

 

同棲する部屋に対する温度差

同棲の部屋

長く付き合っていても、温度差を感じることがあります。

 

特に「一緒に住もうか。」となった後、女性は張り切るもの。

 

同棲トラブルあるあるはこちらをどうぞ

別れにつながる同棲トラブル8つ

 

彼とどんな風に過ごそうか、部屋のインテリアはどうしようか、

どんな部屋で彼との生活が始まるんだろう。

 

わくわく、ドキドキ、夢が広がるのが女子です。

 

反面、男は「部屋」に対して執着がない人が多い。

一緒になって考えてくれない彼氏にイラッとするかも。

 

 

でも、部屋なんてどうでもいいよ、くらいな

男性の方が一緒に住むなら楽です!

 

 

なぜなら、こだわりがある人との生活は、

いざ同棲が始まると窮屈に感じることが多いから。

 

離れているときはかっこよく思えていた彼のこだわりが、

勘弁してくれ~!と感じるもの(実体験)

 

部屋選びに対する温度差は、

自分に対する愛情とは別ものと考えて、

自由に部屋を決めれてラッキー!と思っちゃいましょう。

 

こちらの彼女も、最初は彼氏の温度差にガッカリ

していましたら、いざ生活が始まったら、

いろんなことに口を出さない人だったので

結果的にはうまく言ったようです^^

 

同棲することになって、部屋選びをしている時。

 

私は料理や家事のしやすいキッチンと洋風の内装に

こだわって物件選びをしたかったのに、

彼はただ立地と値段さえ良ければどうでも良いや、という態度でした。

 

ソレ以上のことは、おまえが興味あるんだから

決めていいよ、と言ってさも「早く終われ」って態度をとられました。

 

これから一緒に暮らす家なのに、

一番近い身の回りの環境に興味ないんだ・・・とガッカリ

 

それに、家事やハウスキーピングは全部

私が決めて私がやるんだろ、という態度が

見え見えでちょっとイラッとしましたね。

 

実際そうなっちゃったので、

家賃や食費をちょっと多めに出して貰うことにしました。

 

その点であまり文句を言わない人だったので、付き合い続けられましたが。

 

 

結婚に対する恋人の温度差

 

女性と比べると男性は、出産にリミットもないし、

いつか結婚したいけど居間でなくても・・・という人が多いです。

 

また、女性よりも男の方が夢をみがち。

 

自分は結婚を考えていても相手はまったく考えていない。

そんなときは、温度差にがっくりしますよね。

 

結婚への温度差の解消方法は

きっちり結婚を考えていることを伝えて、

相手にも考えてもらう。

 

というのも、私自身、彼氏と付き合っているとき、

仕事が楽しくてまったく結婚する気がなかったのですが、

彼氏に何度も「結婚したい」と言われました。

 

はじめは適当に流していたのですが、

あんまり真剣に何度も言うので、

「ん~一度くらい結婚するのもいいかも」なんて思うようになったんです。

 

彼氏が「結婚したくない男」ではなくて、

「結婚を意識したことがない」だけなら、

自分から将来のことを切り出してみるのもお勧めです。

 

もし、「結婚したくない男」なら、どうして結婚したくないのか、

責めずに理由を聞いてみると良いです。

 

男は結婚に対して「束縛」や「責任」を感じます。

そこを解消してあげることで結婚に

対するハードルを下げてみるのもひとつ。

 

あなたが、結婚して子供を生んで育てることが夢だったとしたら、

結婚したくない彼のことをあきらめて次の出会いを探すのもありです。

 

 

高齢出産が普通になったとはいえ、

年齢が上がるとともに、妊娠率が下がるのは事実。

 

男性は自分が出産するわけではないので危機感がないのですよね。

 

どうしても彼じゃなきゃイヤだ、彼のことを愛していて、

彼さえいればいよいと考えるのなら、

彼の気持ちが変わるのを待つのも良いですが、

「結婚」がしたいなら、次の出会いをつかんだ方が早いことがあります。

 

私の周りでも6年付き合った彼氏と別れて

次に付き合った彼氏と半年で結婚・・・。とか良く聞きます。

 

どちらを選ぶかは、あなたの彼への気持ちと、

この温度差にどれくらい耐えられるかというところです。

 

スポンサーリンク