恋の思い出

結婚しても忘れられない恋のエピソード

赤い薔薇の花びら

スポンサーリンク
 

結婚しても、忘れられない・・・

そんな甘酸っぱい恋の思い出、ありませんか?

 

過去には戻れないけれど、

思い返すたびに切ない気持ちになる。

 

あの時、違った行動を取っていたら

まだ違う未来になっていたのかな。

そんな恋のエピソードを紹介します。

 

 

運命の出会いだと結婚した今でも思っています。

23歳の時友達との飲み会で知り合いました。

 

彼は27歳。顔がタイプとか話が面白いとかは全くありませんでした。

 

でもなぜか、この人の事好きになるなと私は感じていたのです。

 

飲み会後、彼から連絡がきた時は嬉しくて嬉しくて、

こんな事で喜んでいる自分にびっくりしました。

 

初めての二人だけの食事は緊張して、

何を話したかさえ訳が分らず、

もうその時には私の好きはとまりませんでした。

 

会うたびに、彼の話し方、姿、何もかもスマートにこなす、

仕事にも真剣で、考え方は大人なのに少し嫉妬深いところ、

何もかもが好きでこんなに人を好きになることってあるんだと思わせてくれました。

でも、彼から付き合おうとは言われていませんでした。

もちろん私からも怖くて言えません。

 

彼の突然の海外転勤で離れてしまった

スポンサーリンク
 

出会って半年。ゴルフに連れて行ってくれたり、

彼の好きなライブに一緒に行ったり。

 

その頃の事です。彼はドイツへの海外転勤が決まりました。

期限のはっきりと無い転勤です。

 

留学経験がある彼は海外勤務の希望を出していたのです。

 

私は凄いよかったねというようなことしか言えませんでした。

 

彼が自分の気持ちを口にしてくれたのは

旅立つ前日の事でした。戻ってくるまで待って欲しいと。

 

ここで、普通なら喜ぶはずが、彼が好き過ぎて、

私は返事が出来ませんでした。

今離れていく事が受け入れなかったのです。

 

結局空港への見送りも行けませんでした。

 

彼から出発前に電話が来ました。

 

ドイツから連絡もするし、日本戻るのが分ったらすぐ連絡すると。

もう涙がとまりませんでした。

 

ドイツに居る間も何度か連絡がありましたが、私は返せませんでした。

 

彼への気持ちはそのままふたをして他の人と結婚

結婚指輪

日本に戻ると連絡が来たのは旅立って二年後の事でした。

その頃、私は別の人と結婚が決まっていました。

凄く好きとかではなく、一緒に居て楽な人と。

 

もちろん嫌々結婚を決めた訳ではありません。

日本の戻るという連絡にも返事は返しませんでした。

 

今の結婚に不満は無いし、楽しい毎日だけど、

今でも彼の事を思い出します。

 

あの時、あれだけ好きだったのなら待てばよかった、

素直に飛び込んでいれば良かったと後悔したり、

きっと凄く好きなままで離れたから良い思い出になっているんだと思ってみたり。

 

でも、心の奥ではもう一度会いたいという気持ちが眠っています。

 

現実には絶対無いけど、今目の前に現れたら迷わず飛び込むと決めています。

 

一緒にはなれなかったけど、こんなに好きになる事ってあるんだと思わせてくれた素敵な恋でした。

 

スポンサーリンク